軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2月1日 黒髪山系縦走 No.10

タクさんの呼びかけで佐賀組と長崎組とで黒髪山系を縦走した。

有田ダム駐車場に8時集合ということで長崎を2台に分乗してそれぞれ6時30分に出発する。
15分ほど前に現地に到着、まもなく佐賀組が車を最終地点の越ノ峠にデポしてからこちらへ到着。
何から何までお世話になります。

090201kurokami0005s.jpg

今回長崎組にはミッセルさんのバトミントン仲間の鴇(トキ)くんが参加。まだ20代の若者だ。
まず最初の稜線からは有田ダムとはるか向こうに牧ノ山、腰岳が見えている。今からあそこまで歩くのかと思うとぞっとする。

090201kurokami0014s.jpg

英山の稜線に上がるまでは急登、岩場となかなか気が抜けない。
稜線から南へ下ると英岩、ここは岩登りのゲレンデとなっている。今回は北へ稜線を登る。

稜線に上がって左へ少しだけ登ったところが英山、すっかり風化した大きな木の表示板がある。
この先に大きなピークがありそこが英山と思っていたのだがGPSの記録から見るとそこではない。
地図上で見ると別にピークというわけでもないのだがなぜだろう。いずれのピークも展望はない。

次の三角点のあるピークが前黒髪山だ。山頂からの展望はないが、ここを少し下ったところの岩場からの展望は素晴らしい。
眼前に黒髪山の天童岩、右に青螺山、左に牧ノ山の眺望が広がる。

090201kurokami0078s.jpg

次に目指すのは黒髪山。いったん鞍部(有田ダムと西光密寺の分岐)へ下り、上宮、白山神社を通り鎖場、梯子を登って黒髪山の山頂へ至る。

この山頂の岩場からの展望は言うことなし、絶景!!
まだまだ今回の折り返しまでも行っていないのでみんな余裕の笑顔である。

090201kurokami0133s.jpg

登ってきた鎖場を下り始めたところ小学生のハイキングとぶつかり、これをやり過ごすには時間がかかりそうなので違うルートを下る。
一般にはお勧めのルートではないみたいだが少し急傾斜というだけで難なく下る。
下りきったところはもう見返り峠のすぐ近くで何だか得をした気分。

見返り峠から青螺山への登りが今回で一番ハードな登りである。
まずは最初の岩場、ここの白骨樹を入れての風景はなかなか。

090201kurokami0159s.jpg

青螺山がちょうどルートの中間付近、ここで昼食。
曇りで少々風があるので寒い。天気予報を信じて暖かいと思って防寒具は持ってきてない。合羽を着てうどんを食べる。少しは温もってきた。

090201kurokami0177s.jpg


青牧峠までの下りも難所である。ロープや木の根につかまりながら慎重に下る。
峠から牧ノ山への登りは先ほどの青螺山ほどではないが、そこそこきつい。
牧ノ山の手前の牧Ⅱ峰へ登りあがる。ここからは南側だけ展望が開けている。そしてまもなく牧ノ山、ここからの展望はない。

牧ノ山からの下りは最初は緩やか、しかしその先の等高線が詰まったところが意外と難所である。
急勾配で足元が土なのでずるずると滑る。鎖が張ってあるのでこれにつかまりながら何とか下る。
鎖がなかったらかなり厳しいだろう。

090201kurokami0257s.jpg

鞍部からもう一つのピーク別山(P363m)の頂上の西側を通って越ノ峠へ到着する。

越ノ峠から腰岳へ最後の力を振り絞り往復する。
最初は車道歩き、腰岳取付きからは緩やかな斜面を山頂まで登っていく。
山頂からの伊万里湾の展望は素晴らしい。

今回の縦走の無事成功を祈りみんなで伊万里湾を向いて万歳三唱をする。

090201kurokami0331s.jpg

先ほどの越ノ峠まで下り、佐賀組の人たちが回送していただいていた車に分乗して出発点の有田ダムへと戻った。

タクさんをはじめ唐津労山のみなさん、たいへんお世話になりました。

ALPSLABによるroute図


アルバムへ

GPSとカシミールによる経路概念図

スポンサーサイト
  1. 2009/02/03(火) 17:11:55|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2月7日 千々から柳田 | ホーム | 1月28日 川棚虚空蔵山 No.9>>

コメント

お疲れさま

アップご苦労様でした。
とっても楽しかったね。
なんだかすぐにゴールインしたような気分だったよ。
写真を使わせていただき誠に感謝でございます。
  1. 2009/02/03(火) 18:21:59 |
  2. URL |
  3. そよかぜ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

腰を負傷中の私、悩んでの参加でした。ゴールインまでの長かった事!
牧の山で「一人ゴールイン」しようかなとも思いましたがやっぱり
最後まで行って良かった!
だって万歳ができたもんね。
  1. 2009/02/03(火) 19:27:36 |
  2. URL |
  3. 壱岐っ娘 #-
  4. [ 編集 ]

そよかぜさんへ

想像していたほどは大変じゃなかった。
でも翌日は足がガチガチに凝って痛かったです。
やっとのことでアップです。
画像はいつでもお使い下さい。
  1. 2009/02/03(火) 20:14:27 |
  2. URL |
  3. nan #SssD14vQ
  4. [ 編集 ]

壱岐っ娘さんへ

よく頑張りました。
お互いに万歳が出来てよかったね。
これだけ歩けたらもう大抵のところは大丈夫だよ。
またロングコースに挑戦しましょう。
  1. 2009/02/03(火) 20:16:50 |
  2. URL |
  3. nan #SssD14vQ
  4. [ 編集 ]

楽しかったです。

nanさん、黒髪山系縦走、お疲れ様でした。
長崎の皆さんと御一緒できて、とても楽しかったです。

ゴールの腰岳山頂から、歩いてきた黒髪山系の山々を見たとき、ジーンとしました。
素晴らしい縦走路でした。

またどこかの山で御一緒できたらと思います。
これからもよろしくお願い致します。
  1. 2009/02/03(火) 21:14:53 |
  2. URL |
  3. タク #a39BcjcA
  4. [ 編集 ]

楽しかったですねー

黒髪山系縦走ご一緒できて嬉しかったです。
皆さんアップが早いのにはビックリ。タクさんのコメントに軟弱さんもその夜はバタンキューだったと知り安心しました(同じです、笑)
写真がとても色鮮やかで綺麗ですね。あのカシャカシャカシャというカメラの連写音が蘇ります。^^
カシミールで見る山のデーターに感動してしまいました。
  1. 2009/02/03(火) 22:51:56 |
  2. URL |
  3. kazu #WVVUxbwQ
  4. [ 編集 ]

タクさんへ

今回はいろいろと準備していただきほんとうにありがとうございました。
また次の山行を楽しみにしております。
よろしくです。
  1. 2009/02/05(木) 08:35:16 |
  2. URL |
  3. nan #SssD14vQ
  4. [ 編集 ]

kazuさんへ

kazuさん元気ですね。
後ろから見ていてつくづく羨ましく思いました。
ブログは本当は帰ってすぐにアップしたいのですがなかなか。

写真お褒めいただき光栄です。
あの連写は明るさを3段階変えて3枚撮っているんです。
今回は全部で370枚ほど撮りました。あとの整理が大変です。

またご一緒しましょう。

  1. 2009/02/05(木) 08:42:19 |
  2. URL |
  3. nan #SssD14vQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guzuguzu.blog14.fc2.com/tb.php/317-48e27b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

nan

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。