軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月1日 四王寺山

上洛前日はフェリーに乗る前に大宰府の四王寺山を歩いた。

フェリーの時間が17時なので長崎を5時に出る。
大村諏訪で他のメンバーと待ち合わせ。早朝割引があるので100キロ未満になるように東彼杵から高速に乗り、大宰府で降りる。

大宰府には8時前に着いた。大宰府政庁跡の駐車場に行くがここは8時半にならないとあかないそうで、しかたない、しばらくその辺で時間をつぶした。

今日のコースは標高差もあまりなく比較的歩きやすい。
おもいがけず紅葉もまだまだ素晴らしかった。

出発・ゴール地点の大宰府政庁跡でまずは集合写真を撮る。
081201sioujiyama0134s.jpg

自然歩道沿いに歩く感じだ。四王寺33ヶ所石仏巡りのルートにもなっている。
29番札所とその前後の展望台からの眺めが素晴らしい。

古処山、屏山の山並みも見える。
081201sioujiyama0170s.jpg

手持ちで200mmの望遠だが飛行機も何とか撮れていた。
081201sioujiyama0227s.jpg

展望台では福岡の町並みを東側から一望できる。
081201sioujiyama0242s.jpg

屏風岩付近の紅葉はまだまだ見ごろだった。
081201sioujiyama0330s.jpg

このあたりはいたるところに史跡が残り歴史を感じながらのハイキングだ。
大城山、百間石垣を通り、大原山の陽だまりで昼食。
この先の焼米ヶ原からの展望も素晴らしい。

車道を横切り自然歩道から岩屋山へと向かう。
長崎にも岩屋山もあるがこちらはだいぶ低い。昔の山城跡だ。
081201sioujiyama0402s.jpg

岩屋山から登山口の大宰府政庁跡をきれいに見下ろすことが出来る。
081201sioujiyama0415s.jpg

高橋招運墓の下あたりのもみじ
081201sioujiyama0459s.jpg

この先自然歩道を下り、秋の森へと降りてきた。
テニスコートの横を通り、登山口の大宰府政庁跡へ戻る。

スライドショーへ

GPSとカシミールによる経路概念図

スポンサーサイト
  1. 2008/12/03(水) 17:28:05|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<12月2日 愛宕山と嵐山 | ホーム | 11月25日 岩屋山>>

コメント

素晴らしい紅葉で・・・・

素晴らしい紅葉ですね。今年は、例年になく紅葉が綺麗なようです。

先ほど、キャンプから帰りましたが、寒かったなあ。この寒空の下、キャンプをするのは、当然のことながら私だけでした。

九重に行かれるそうですが、凄い雪でしょうね。しかし、九州での雪山体験は貴重です。十分に楽しんで来て下さい。レポート楽しみにしています。
  1. 2008/12/06(土) 15:57:27 |
  2. URL |
  3. 焚き火人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guzuguzu.blog14.fc2.com/tb.php/301-7d9f801e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

nan

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。