軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月24日 中蒜山・ 10月25日 大山

24日中蒜山

中蒜山

中蒜山歩行距離

長崎を午前3時30分に出発。蒜山インター到着は10時30分。インターのすぐそばの道の駅「風の家」で昼食後、塩釜冷泉登山口から登る。
登山道は滑りやすくそこそこの急登である。

稜線に登り上がると眼前に中蒜山の山頂、東に下蒜山が現れた。

下蒜山
下蒜山

中蒜山山頂からは眼下に蒜山高原、北西には上蒜山が見える。
今回は時間の都合で中蒜山ピストンだけだった。登山道はあまり楽しい道ではなかったが銃走路は眺めもよくて楽しめそうだ。
山頂で眺めを楽しみのんびりとコーヒーを飲んだ。

中蒜山山頂
中蒜山山頂

リンドウ
0081025daisen0127.jpg

下山後大山寺まで大山寺スカイラインを走る。曇っていたので紅葉の色は冴えなかったが青空ならばこの道路は最高のドライブコースだろう。

24日の宿は大山寺の「とやま旅館」。おいしい山菜料理と気持ち良いお風呂に大満足。

25日 大山

大山

大山歩行距離

今日は往復でゆっくりと6時間程度なので宿でのんびりと朝食をとって出発する。
大山寺から見上げる大山はガスがかかっていたが天気は回復傾向にあるので紅葉が楽しみだ。

0081025daisen0231.jpg

夏山登山道はブナの原生林の中を登る。
九州のフナとは種類が違うみたいである。宿の人の話によるとここのブナはシロブナ、九州のブナはイヌブナと言うそうだが?
ガスの中の登山道は幻想的である。

山頂の気温は6度くらいだが風があるのでかなり寒く感じる。
あいにくのガスで期待していた隠岐を見ることは出来なかったが時おり雲の切れ間からふもとの景色が望めた。

山頂のダイセンキャラボク
ダイセンキャラボク

下りは往路を戻り、元谷分岐から元谷へ下る。
ここの紅葉は素晴らしかった。これを見ないとせっかく秋の大山に来た甲斐がなかっただろう。
以前来た時は冬山の時でこの谷を降りたのだがそのときからは想像も出来なかった。
谷を降りきるまでみんな感嘆詞を言い続けだった。

元谷へ下る
元谷

元谷
元谷

下山後はとやま旅館で風呂に入らせていただきすぐ近くのモンベルショップで買い物をして松江にむかう。
途中すっかり姿を現してきた大山の全貌が見えた。こちらから見ると端正な山容だ。

スライドショーへ→

松江の宿は「旅館 寺津屋」。宍道湖のすぐそばにある。
宍道湖に沈む夕日を期待していたのだが・・・あいにくの曇り空、それでも島根美術館周辺の散策路を歩いてみた。

島根県立美術館と嫁ヶ島
0081025daisen0674s.jpg

翌26日はあいにくの雨が降り出した。
宍道湖の北岸を走って出雲神社に参拝して、日本海を浜田まで走る。

出雲大社
0081025daisen0723s.jpg

浜田の「しまねお魚センター」で昼食後一路高速を長崎へと帰る。旅館を出たのが午前8時、長崎へ到着したのが19時だった。
今回の全走行距離は1400キロメートル。やっぱり大山は遠い。





スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 20:35:15|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<11月1日 三俣山 | ホーム | 10月20日 三ツ山から網場>>

コメント

masaさんこんばんは。
元谷の紅葉は素晴らしかったのにあいにくの天候で残念でした。

もうそろそろ地元雲仙の紅葉が見ごろになってきますね。近いうちにお邪魔したいと思っています。
  1. 2008/10/30(木) 01:01:58 |
  2. URL |
  3. nan #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guzuguzu.blog14.fc2.com/tb.php/284-b151b08b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

nan

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。