軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月26日~31日 荒川三山と赤石岳

南アルプスの荒川三山と赤石岳を歩いてきました。

全ルート図
荒川三山・赤石岳
緯線間隔30秒約930m、経線間隔30秒約750m

高低差、歩行距離
荒川三山・赤石岳歩行距離

〔日程〕
7月26日 長崎駅15:25発→(かもめ32号)鳥栖駅発17:07→(寝台特急はやぶさ)静岡着(翌)07:26
27日 静岡発08:30→(レンタカー)畑薙第1ダム発12:00→(東海フォレスト)椹島着13:00
28日 椹島発05:24→千枚小屋12:17
29日 千枚小屋発03:25→赤石小屋着16:00
30日 赤石小屋発05:31→椹島発10:30 →(東海フォレスト)畑薙第1ダム着11:20
赤石温泉→畑薙第1ダム→(レンタカー)静岡着15:00→市内観光→静岡駅 静岡駅発20:36
31日 博多着10:08~博多発10:20→(かもめ15号)長崎着12:26

中岳直下のお花畑
お花畑

荒川小屋と小赤石岳
赤石岳

雷鳥の親子
雷鳥の親子

チシマギキョウと赤石岳
チシマギキョウと赤石岳

赤石岳下のお花畑
お花畑

早朝、赤石小屋から見た赤石岳、小赤石岳
赤石小屋から見る赤石岳、小赤石岳

アルバムへ→

詳細記事は以下のcontinue riadingへ







26日
長崎駅に14:30集合、時間を間違えて13時から来ていた人もいたけど遅く間違えていたら大変だった。いつものことだけどこれから先が思いやられます。
まあ無事に全員揃い、まずは鳥栖まで特急かもめで行きます。当然のことながら乗車後は今回の山行の安全を祈願してビールで乾杯。
鳥栖から静岡までは寝台特急はやぶさで行きます。約40年ぶりに寝台特急に乗りました。
画像は門司で機関車を付け替えている時です。

寝台特急はやぶさ
寝台特急はやぶさ


27日
静岡駅に到着後駅構内のマクドナルドで朝食を済ませて南口のすぐ近くのトヨタレンタカーで車を借りました。最初の計画では畑薙第一ダムまでは路線バスで行く予定だったのですが途中崖崩れで大型車が通行できず急きょ計画を変更してレンタカーにしたのですが結果的には時間の余裕が出来て大正解、レンタル料金も4名で割勘にしたらバス代とほとんど変わりませんでした。
静岡駅から白樺荘赤石温泉まで2時間半で到着。
この温泉は無料ですごくいいお湯でした。帰りにもここで入浴、食事をしました。
温泉から第一ダムはすぐです。車はダム手前の駐車場までしか入ることが出来ません。
駐車場から椹島までは東海フォレストの送迎バスが運行しています。
詳しくは東海フォレストのHPを見てください。
ダートの林道をマイクロバスに揺られて1時間で椹島ロッジです。
長崎を出てここまで24時間、南アルプスは遠いです。
昼食がまだだったのでレストハウスで山菜カレーと生ビールをいただきました。
ここは山小屋とは違い食事も良く、温泉ではないけどお風呂もあります。赤石温泉に入ってきたけど明日から2日間はお風呂が無いので再び入浴。
翌朝はそんなに早く出ることも無いのでゆっくりと宴会でした。

椹島ロッジ
椹島ロッジ


28日
椹島から千枚小屋まで
080728椹島から千枚小屋まで
歩行距離
歩行距離

いよいよ入山です。
今日の行程は千枚小屋までの約6時間、高度差は1500mあります。
滝見橋の手前が登山口、しばらく行くと奥西河内の吊り橋です。ここからはひたすら登って行きます。
途中林道と何ヶ所かで出会います。
千枚小屋までのコースではほとんど見晴がありません。唯一の展望が見晴台です。
見晴台の横の林道をトラックが何台も登って行きました。苦労して登ってきたのにこれをみると少しがっかり。
このあたりから雨がぽつぽつと降り出しましたが大した事はありませんでした。
やがて駒鳥池を過ぎたら山小屋はすぐです。このあたりから色々な高山植物が現れ出しました。

オオシラビソの林の中
オオシラビソの林の中

千枚小屋へ登り上がるといきなりの展望です。富士山が目の前に、これにはびっくりしました。
小屋についてしばらくしたら雨ぽつりぽつり、でもすぐに止んで小屋のまわりのお花畑を散策しました。

千枚小屋から見る富士山
千枚小屋から見る富士山

グンナイフウロ
グンナイフウロ


29日千枚小屋から赤石小屋まで
080729赤石小屋まで
歩行距離
歩行距離

今日が今回のメインルート、赤石小屋まで10時間以上かかるロングコースです。早朝3時20分に小屋を出発、当然ヘッドランプを点けて歩きます。
千枚岳に登るころには空も明るくなり始めましたが視界がいまいち、お目当ての富士山も雲の中です。
悪沢岳の山頂はガスの中、天気が良ければ素晴らしい展望が望めるのにとがっかり、しかし贅沢は言えません。雷雨にあわないだけでも大したもの。
中岳避難小屋の前のミヤマクロユリの群落は見事でした。小屋の管理人さんの話に寄ると花を増やすために色々苦労されているそうです。
小屋でしばらく休憩後、中岳から荒川小屋まで下りです。この途中の斜面のお花畑が凄い!
アルプスでは今まで見た中では一番の規模でした。
ガスがかかっていたので鮮やかな画像はありませんがとにかくびっくりしました。

素晴らしいお花畑
お花畑

お花畑を下りきるころからガスも少し霽れてきました。
やがて荒川小屋、すでに出発から6時間かかっています。
ここは標高が千枚小屋とほとんど同じです。ということは…また同じような高さを昇り降りするわけです。
ザックは肩に食い込むし空気が薄いせいなのか、かなり疲れています。
しかたない、行くしかない、と再出発。
小屋のすぐ傍の森林を登り上がると再び素晴らしい展望が広がってきました。眼前には赤石岳、振り返ると荒川三山が見えています。ガスも霽れてきました。

大聖寺手前のトラバース

大聖寺から小赤石岳の肩までの登がまたまた苦しい。

大聖寺からの登り

やっとのことで小赤石岳の肩まで登り上がりました。ここまで来ると赤石岳は目の前、15分くらいで着きそうに思えますが甘い!すぐそこに見えているのにたっぷり1時間近くはかかりました。
ここでうしろを振り返るとすっかりガスがあがって荒川三山の山頂が見えています。

一番高い所が悪沢岳
小赤石岳の肩から荒川三山を望む

小赤石岳と赤石岳の中間の分岐にザックをデポして赤石岳を往復します。
荷物がないのがこんなに楽なのかとつくづく思いました。

赤石岳山頂
赤石岳山頂

あとは赤石小屋へとひたすら下るだけ。やっと気持ちに余裕が出てきて花の画像を撮る事ができました。

ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ

最後の展望台富士見平です。残念ながら富士山は見えませんが荒川三山、赤石岳のパノラマを見る事が出来ます。

荒川三山
富士見平から見る荒川三山
赤石岳と小赤石岳
富士見平から見る赤石岳

午後4時にやっとのことで赤石小屋へ到着です。コースタイムは10時間くらいと思っていましたが出発したのが午前3時20分、なんと12時間以上もかかっていました。しかし南アルプスの展望やお花畑を十分堪能できたコースでした。

30日赤石小屋から椹島まで下山
080730下山
歩行距離
歩行距離

早朝目が覚めると素晴らしい星空です。
夏の大三角形、デネブ、アルタイル、ベガが天の川とともに赤石岳の上に輝いていました。
そして東の空が明るくなってくると赤石岳の山肌の色が微妙に変化していきます。
時間の経つのも忘れて朝の風景の移ろいを眺めていました。

朝日に染まっていく赤石岳とカール
朝日に染まる赤石岳

椹島のバスにはだいぶ余裕があるのでのんびりと休憩しながら下りました。
このコースは林の中を降りるのでほとんど展望はありません。でも時おり木々の間から富士山を見る事が出来ました。

木々の間から見える富士山


下山後赤石温泉で入浴、白樺荘で食事をしました。
温泉はぬるぬるのお湯で無料です。温めのお湯はとても気持ちよかった。イワナ丼も美味しかったです。

イワナ丼(1000円)
イワナ丼

再び3時間かけて静岡市内へ、列車の発車までは大分時間があったので少しだけ静岡の市内観光、日本平と三保の松原を回って来ました。

今回も天候にも恵まれ事故もなく素晴らしい山行を満喫しました。
さあ、来年はどこに行こうかな。

あとでお花の画像とアルバムをアップします



スポンサーサイト
  1. 2008/08/01(金) 07:47:09|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<8月3日 岩屋山のイワタバコ | ホーム | 7月20日 経ヶ岳>>

コメント

こんにちは
夏山から昨日帰ってすぐのUP、富士山もきれい!オオシラビソの画像いいですね!
私たちも昨晩帰ってきました。
  1. 2008/08/01(金) 12:52:15 |
  2. URL |
  3. min #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさま

おかえりなさ~い
ご無事でなによりでした。
南アルプスは入山するにも時間がかかるし、屋と小屋とが遠いので、歩き応えがありますね。
富士山が間近に見えて、やっぱり南だあ と感じます。
花も一杯でしたね。
いつかはnanさんたちのルートもたどってみたいですね。
  1. 2008/08/01(金) 15:32:33 |
  2. URL |
  3. そよかぜ #-
  4. [ 編集 ]

minさん>
ごめんなさい、まだUP途中です。
白馬はどうでしたか?天気は良かったのかな。
レポート見せてください。

そよかぜさん>
なんとか予定通りのコースを歩くことが出来ました。
南は体力勝負ですね。
チームそよかぜならきっと聖まで足を伸ばすことでしょう。
  1. 2008/08/03(日) 00:35:23 |
  2. URL |
  3. nan #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guzuguzu.blog14.fc2.com/tb.php/251-61f0b0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

nan

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。