軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月29日 指山のマンサクと男池散策

くじゅうに花見登山に行ってきました。

長者原→指山観察路入り口→指山登山口→指山→指山登山口→雨ヶ池分岐→長者原
080329指山LOG


長者原に着くと三俣の山肌に黄いろいものがたくさん見えます。お目当てのマンサクです。
まずは指山へ。
自然観察路から入ります。くじゅう独特の滑りやすい黒土の登山路を登ります。登る時はまだ霜柱が硬くて苦労はなかったのですが下りには難儀しました。
指山山頂から見る三俣の山肌のマンサクが見事です。しばし展望を楽しみながら山頂でコーヒータイムでした。
下ってきて長者原と雨ヶ池の分岐付近のマンサクがちょうど見ごろで写真も撮りやすい。
ここでマンサクの花見をしながらの昼食です。
約4時間のゆっくりマンサクハイクでした。

三俣の山肌を彩るマンサク
三俣の山肌を彩るマンサク


マンサク

今日はこれからが本命、男池に初見のユキワリイチゲを見に行きます。
期待通りに可憐な姿を見せてもらいました。
アズマイチゲやシロバナネコノメソウのおまけまであり大満足。写真を撮りまくってきました。

  アルバムへ→→→

ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲ


アズマイチゲ
アズマイチゲ


アズマイチゲ
アズマイチゲ



スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 10:00:36|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

3月28日 岩屋山

大宮町から登ってみました。
一番上の人家から畑のようなところへ登っていく道があります。
目じるしのテープ類も見当たらないので多分登山口ではないみたいでした。
いちおう踏み跡があるのでその通り進んで行くとすぐに広い竹林の中を通りました。
あまり手入れはされてないみたいで多くの孟宗竹が伸び放題です。もう少ししたら竹の子がたくさん出て来そうな感じでした。
尾根分岐まで上がるとあとは登山道らしきものがありそれをそのままたどります。途中で巻き道に出ましたがのまま行かず直登して学校尾根に登り上がりました。この直登は足元が不安定で登り難かった。
いったん山頂北西部鞍部に上がり山頂の北側を回って岩屋神社から来た谷コースへトラバースしました。
山頂は賑わっており長崎大学の登山部の学生が多数来ていました。
常連さんもどんどん登ってきます。
常連さんによれば昨日(27日)に鶴が飛んできたそうです。あんな悪天候に飛ぶなんて、なかなか遭遇することができません。
下りは若竹町へ。畑をしていたおじさんから新鮮なホウレンソウを分けていただきました。それとヨメナをたくさん摘んで帰りました。

080328LOG
080328LOG


大宮町の竹林
大宮町から

  1. 2008/03/28(金) 13:50:30|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月24日 岩屋山

虹ヶ丘小学校の北側の尾根を山頂まで登りました。

神社から出発して転び岩から学校尾根に登ります。
そのまま尾根を登り山頂まで。途中キクラゲやシイタケの収穫がありました。

山頂はいつもみたいに賑わっていません。常連さんも少ない。
帰りは鉢巻道の少し高い所を炭焼き跡を捜しながら歩いて見ました。後半自然歩道が近くなってくると道はしっかりしているのですが最初のほうは道がはっきりしません。
すぐ下には鉢巻道がみえています。

080324岩屋山LOG
080324岩屋山LOG
  1. 2008/03/24(月) 17:19:08|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

3月22日 柏岳

武雄の柏岳に登りました。
標高230mほどの低山ですが歴史を感じさせる山でした。
山頂からの展望はありません。手前の東屋からわずかに南側が見えるだけです。
ツワの収穫はたくさんありました。
アルバムへ→

080322LOG
080322LOG

鳥居型石門
鳥居型石門

アーチ型石門
アーチ型石門


  1. 2008/03/24(月) 17:05:20|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20日 大山林道と伊木力ダム

今日は多良岳を予定していたのですが、朝からの強風で取りやめました。
前から気になっていたのですが、先月の27日にあまりのおばねを歩いたときすぐ近くに見えた大草の大山林道を車で回ってきました。
この道は2万5千分の1の地図には載っていません。
ついでに大山神社まで行く積りだったのですが、道が細くなり先ではUターンもできそうになかったので手前でやめました。
それよりも驚ろいたのはいつの間にか「伊木力ダム」ができていたことです。全然知らなかった。そういうわけで道路も少々変化していました。

伊木力ダム
伊木力ダム


おまけで千々石ミゲルの墓らしいというものも見て来ました。この辺にあるとは知っていたのですが訪れたことはありませんでした。

千々石ミゲルの墓
千々石ミゲルの墓

説明文
千々石ミゲルの墓


080320LOG
080320LOG


サツマノイナモリ
サツマノイナモリ

  1. 2008/03/20(木) 16:58:53|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3月18日 岩屋山

滑石4丁目から3番尾根を登りました。
3月9日に3番を下るつもりが3.5番を下ってしまいました。今日は取付の確認をしてきました。

裏尾根からの3番尾根の取付は昼寝岩からちょっとだけ東へ入った所です。
裏尾根から派生した尾根の直ぐ東側を巻いて3番尾根に入ります。このあたり少しわかりにくいです。いったん3.5尾根に乗ってすぐ左の3番尾根に乗り換えるという方法もあります。
いずれにせよ3番尾根の下の取付場所はすぐわかるのですが尾根を上から行くのは難しいという事です。この説明じゃちょっとわかりにくいですね。

帰りは鉢巻のすぐ上に同じ様な巻き道のあとがあるというので行って見ました。
いちおう小鉢巻と名付けたけれど鉢巻の50mほど上にあるみたいです。
炭焼き窯の跡もあり、途中からは道ははっきりとして林道近くになれば完全に道とわかるのですが中間付近が定かでありません。
次回には360mの等高線に沿って行って見て裏尾根側のはっきりとした分岐点を探してみます。

080318LOG
080318LOG


080318iwayaSANY0006.jpg


080318iwayaSANY0004.jpg

  1. 2008/03/18(火) 16:54:32|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月16日 戸町岳

戸町中学校から戸町岳へ登りました。
途中フキノトウをゲット。ややのびすぎていたもののまだまだ食べられます。
もうすっかり春めいてきました。
戸町岳から防火帯の急登を下ります。ここが本日のハイライトコース。上から見てもこんな急な所を下れるのかと心配になってしまいました。
びくびくしながら何とか降りてくると一番最後の車道に下りるところはロープが張ってあります。
いやーよくこんな急な所を下ったもんだ市民の森から防火帯を眺めて思いました。

見晴らしの良い東屋で昼食。あとは市民の森をのんびり歩いて唐八景のバス停へ向かいました。
アオモジは満開です。ヒカンサクラ?かな、咲いていました。

080316LOG
080316LOG

ふれあいの川辺
ふれあいの川辺

市民の森側から見た戸町岳の防火帯
戸町岳の防火帯 ヒェ~急降下!!

キブシ
キブシ

満開のアオモジ
アオモジは満開
  1. 2008/03/18(火) 06:57:33|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3月15日 岩屋山

長引いた風邪がやっと治ったみたいなのでリハビリに岩屋山に登りました。
虹ヶ丘小学校前の駐車場に車を停めて小学校上の登山口から尾根コースを行きます。

小学校上登山口→巻き道→裏尾根→お中道→林道分岐の少し先から岩場→岩屋山頂上

天気も良く山頂は今日も賑わっていました。

下りは防火広場から急登を広場へ下りました。センボンヤリが咲き出しており、もう春モードに突入です

080315岩屋山LOG
080315岩屋山LOG

センボンヤリ
センボンヤリ

スミレ
スミレ
  1. 2008/03/15(土) 18:25:45|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

3月8日 岩屋山の連続岩

裏岩屋山の連続岩に行ってきました。
滑石4丁目から2番尾根を登り、洞窟岩を下り、連続岩を登り、みちこ岩で昼食。
帰りは裏尾根をしばらく登り3番尾根を下るつもりが3.5番尾根を下っていました。

連日の山は老体にこたえます。すっかりくたびれてしまいました。同行者は元気そのもの、明日の山行の相談までしていました。唖然。
明日は仕事でよかった。

裏岩屋山連続岩


連続岩
連続岩
  1. 2008/03/08(土) 17:17:16|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

3月6日、7日 五島の山

五島の山に登りました。
初日は父ガ岳。
登山口を間違え(すぐにおかしいとわかりましたが藪漕ぎが好きな人がいるのでそのまま進む)、沢沿いに入ってしまいました。詰めていったらそのうちに稜線にあがるだろうと進んだのが大へんな急登を強いられおまけに予定にない藪漕ぎまでしてしまいました。
なんとか稜線に上り西へ父ガ岳のほうへ進みます。
父ガ岳直前の登りがかなり急でキツイ。
以前来た時には山頂からの展望は無かったみたいだが今回は山頂の木が伐採されており展望抜群。東には明日登る予定の七ツ岳が見えています。
下りは正規の登山路の降り口が見つからずまたもや見当をつけて谷のほうへ真直に下りました。少しおりるとすぐに登山路と合流し、このさきは楽ちんコースでした。

翌日は七ツ岳。
民宿に人に車を折り口まで回送してもらい七岳神社から登ります。
このコースは地図のコース通り。
七ツ岳の岩峰を一つ一つ越していきます。第6峰以外は素晴らしい眺めです。
スリル満点の稜線歩きを楽しみました。
山頂から降り口への下りは急降下です。
下山後荒川温泉まで戻り入浴、そのあと福江で昼食後時間があったので鬼岳と鎧瀬(あぶんぜ)海岸を散策しました。

父ガ岳と七ツ岳
父ガ岳と七ツ岳


七ツ岳山頂
七ツ岳山頂


鬼岳
鬼岳


鎧瀬海岸
鎧瀬海岸


ハマダイコン
ハマダイコン


鬼岳鬼岳

  1. 2008/03/08(土) 17:07:55|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

3月2日 井樋ノ尾岳

井樋ノ尾岳に登りました。
JRの喜々津駅で下車。フジパンの前を通り高速道路の下をくぐり駕篭立て場に向かいます。
駕篭立て場からもしばらくは舗装した道です。
登山道はハッキリしていますがあまり通る人もないのでしょう、けっこう荒れています。
井樋ノ尾岳の山頂は展望はまったくありません。
ピーク360の手前付近から展望が開けてきます。ここからが今日のメインコースの痩せ尾根歩きになります。
昼食はちょっと狭かったけどピーク360でとりました。
ここからいくつかの小ピークを越して上座の車道へ降りてきました。これから肥前古賀駅までの車道歩きがきつい。
全長約10km、約6時間のコースでした。

井樋ノ尾岳コース


井樋ノ尾岳山頂
井樋ノ尾岳山頂
  1. 2008/03/04(火) 16:29:16|
  2. GPSで山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。