軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月19日 帆場岳・烽火山・金比羅山・岩屋山

花の季節も終わってしまい載せたい画像もないし、とかなんとか理由をつけてブログをサボっています。
そこで、たまにはちょっとだけキツイ山行でもしなくてはと軟弱者の一大決心で女の都の自宅から岩屋山まで徒歩で行く事にしました。その顛末を書きます。

ただ行くだけではキツイ山行にはならないので帆場岳、烽火山、金比羅山をまわって行く事にしました(馬鹿な決心でした)。

12時過ぎには岩屋山山頂に着けると思い山頂で待ち合わせをしました。ところがこれが大へんなことに。
自分の脚力の貧弱さを考えずにおよそ6時間もあれば行けると間単に思い自宅を出発したのが午前6時50分。以下途中時間です。

自宅(6:50)→川平小学校(7:10)→帆場岳(8:06)→現川峠(8:30)→中尾峠(8:50)→烽火山(9:13)→仏舎利塔(9:35)→西山水源地(9:48)→金比羅山(10:13)→油木(11:13)→岩屋山(12:22)

帆場岳、現川峠までは大してきつくもありませんでしたが思った以上に時間がかかる。このペースでははとうてい12時過ぎには岩屋山には着きそうもないと思えてきました。

仕方ないとにかく出来るだけがんばろうとペースを上げて歩きました。
中尾峠から烽火山は意外と距離が短く思ったより早く着き、これなら行けそうかなとまた希望がわきました。

しかし飛ばしすぎによる筋肉痛と疲労で金比羅山への登りくらいからヘロヘロになって来ました。金比羅山の頂上は踏まず稜線まで登ってそのまま江平のほうへ下ります。

江平から見た岩屋山の遠くに見えたこと。えーーっあそこまで行くのか!!と心底思いました。
おまけに江平から油木は車道歩きです。足を引きずりながら何とか油木へたどりつきました。

この時点で時計を見ると11時10分。うん、これなら何とか約束の時間には間に合いそうだと思ったのですが最後の岩屋山への登りのきついこときついこと。最近岩屋山がこんなにきついと感じたことはありませんでした。
しかし何とかがんばって結局12時20分に息も絶え絶えになりながら山頂に着くことができました。トータル5時間30分。

これで軟弱の名前を変更してもいいかな?

しかしツケは大きかった。翌日はひどい筋肉痛、車の乗り降りも痛くてたまりませんでした。
日ごろの訓練が大事。慣れないことはするもんじゃないですね。
やっぱり軟弱だ。


スポンサーサイト
  1. 2007/12/21(金) 16:56:37|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。