軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月22日 黒岳

一泊でくじゅうへ行く。
初日は黒岳。男池から風穴、高塚山往復のコースである。軟弱者2名は風穴で折り返す。当然私も軟弱者だった。
何時来てもここの自然林は気持ちが良い。
下界の暑さが嘘みたいな涼しさだ。森に入ったらすぐにオレンジ色の花が目に入った。フシグロセンノウだ。
かくし水の水量が以前よりだいぶ増えている。

黒岳のアルバム
スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 13:01:34|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月20日 経ヶ岳

平谷キャンプ場から登る。
長崎は猛暑だがここまでくると日陰はひんやりと涼しい秋の気配である。
きょうもやはり虻がうるさい。
平谷越から経ヶ岳への岩場で以前あったロープ、鉄製の足場がすべて取り払われていた。
山頂は日陰もなく暑いので平谷越までもどって昼食にする。
帰りは花を探して林道を回って下る。
アケボノソウを期待していたがまだまだ時期が早かったみたいだ。
ツリフネソウ、クサアジサイは丁度見ごろであった。ほかにミズタマソウ、マツカゼソウ、キンミズヒキ、キガンピ等々
それにしてもこの林道は長い。花を探しながら下るから大して苦にもならないがそうじゃなかったらきつくてたまらん。

経ヶ岳のアルバム
  1. 2006/08/28(月) 11:38:56|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月16日 岩屋山

よくもまあこんなに毎日毎日クソ暑い日が続くものだ。
しかし暑さに負けるわけにはいかん!!
続きを読む
  1. 2006/08/18(金) 13:55:23|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月14日 多良岳

ちょっと遅くなったが金泉寺まで登ろうと家を930ごろ出発する。
長崎市内は雲が多いものの晴だったが大村に着いたらなんだか経ヶ岳は雲の中だし空模様が怪しくなってきた。
萱瀬のJAでお墓用の花と野菜を少々買う。
萱瀬ダムを過ぎたあたりからフロントガラスにぽつぽつと雨粒がはじけだしてきた。
あ~ぁ せっかくここまで来たのだからと思いつつ回復を待つことにする。
まだぽつぽつの状態だったから岩屋口の岩屋神社?にS氏に教えてもらっていたイワタバコを見に行った。神社の奥の絶壁にたくさん開いている。時期が少し遅いのか散りはじめたのが多い。
あまり良い画像は撮れそうにないし雨も降り出しそうなのでそうそうに車に戻ると待っていたかのように本降りになってきた。
まあ登る前だったからよかったと自分を納得させる。
このあと野岳湖の東屋で食事をして帰った。
皮肉なことに帰ると決めたころから雨はあがり蝉も鳴きだし夏空に戻っていった。
  1. 2006/08/15(火) 11:27:06|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月10日 花乱の滝から金山へ

毎日暑い中夏向きのコースはないかと考えた末、去年のグリーンウォークの特集にあった金山へ行く事にした。
今回はN氏が伊吹山以来の参加でN氏の車で行く。
長崎を午前7時に出発佐賀大和で高速を降りる。三瀬の「まっちゃん」で野菜を仕入れて登山口のある曲淵へ。曲淵トンネルをすぎるとすぐに花乱の滝への入り口があったはずだが標識がないので行き過ぎてしまった。
新らしくできているホテルの方へ入って行けばいい。
花乱の滝のそばの駐車スペースに車を止めて登山開始。
予想通り渓流沿いの登山コースは快適であった。ただアブや虫が多いのが気になる。沢の傍を登る時は涼しい空気が流れてくるが沢から外れるとやっぱり暑い。
汗びっしょりになって山頂まで約3時間かかった。最後の高度差300mの急登は堪えた。
山頂の日陰のところで昼食、昼寝。だまっていると風が心地よい。
下りはずいぶんと楽だった。2時間あまりで登山口まで下ってくる。
しかしアブの多いのには参ってしまった。N氏によると「どこの山でも今の10日間がアブの繁殖期でこの時期を過ぎたらアブはいなくなる」とのことである。まとわりつくアブを払いながらで花の写真を撮ることはできなかった。
今日の風呂は三瀬の「やまびこの湯」。
長崎には午後5時過ぎには到着した。

花乱の滝



《今日見た花》
キンミズヒキ アカミズヒキ ヌスビトハギ オトギリソウ クサアジサイ ヤマホトトギス ミズタマソウ マツカゼソウ ミヤマタニソバ シュウブンソウ ヌマダイコン ダイコンソウ
今の時期花は少なく今回は画像は無し。
  1. 2006/08/11(金) 05:25:24|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月6日 岩屋山

山行日記をすぐに書かなかったので後日書いている。
簡単に思い出す。

虹ヶ丘バス停までZパパとバスで行く。バス停にはみーちゃん親子、ムージイが待っていた。
室町時代の墓石がある尾根を登る。
山頂で先日南アルプスで遭難したY氏と会う。そのときの話を聞かせてもらった。
帰りに久振りに極楽湯に寄る。やっぱり汗を流したあとの風呂は最高、生ビールも最高だ。
  1. 2006/08/09(水) 05:31:52|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月2日 雲仙

久しぶりにブログを更新します。

いつもは楽をして仁田峠からばかりであるが、久しぶりに池ノ原園地から普賢岳へ往復する。
下界は猛暑であったがここは別天地、ガスがかかっていたが直射日光が当たらずとにかく涼しい。
登り始めると早速オトギリソウ、ヤマホトトギス、シギンカラマツ等等見ごろの花が迎えてくれる。
平日ということもあり仁田峠は観光客もあまり多くないし我々みたいな登山客はほとんど見かけない。
花の画像を撮りながら歩くので先を行く同行者からどんどん離されてしまうが仕方ない。
ここは前回来たときからもう一ヶ月も経っている。花も一月も経つとすっかり主役が変わっている。
新顔に会えないかと目を皿にして探しながら歩くのだが残念ながら今回は空振り、しかし毎年同じ花に出会えるのもうれしいものである。
最近はなかなか普賢岳の山頂までは行かないので今日はがんばって登った。
山頂は一組のパーティしかおらずこのあとも二、三組のパーティとしか出会わなかった。
山頂は日陰もないのですぐ下の広くなったところで日陰を探して昼食とする。
下りは往路を戻った。

《本日出会った花》
オトギリソウ、ヤマホトトギス、ホソバシュロソウ、シシウド、シギンカラマツ、クサアジサイ、ヤマゼリ、ノリウツギ、ホツツジ、オオバショウマ、ソバナ他

  1. 2006/08/04(金) 09:17:36|
  2. 山行日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。