軟弱日記

軟弱者の山と山野草の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

共同作業


スポンサーサイト
  1. 2010/01/16(土) 10:22:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水辺の森

水辺の森から見た長崎港、奥の山は岩屋山。
091205mizube0022.jpg

女神大橋と三菱重工
091205mizube0051.jpg

南山手方面
091205mizube0071.jpg
  1. 2009/12/05(土) 15:40:09|
  2. 未分類

12月2日 愛宕山と嵐山

昨日の四王寺山に続き、念願の京都の愛宕山へ登った。
上洛は去年の11月の高野山以来一年ぶりである。

阪急嵐山の駅に降り立つと吐く息が白く見える。やはり京都の朝は寒い。
まずは駅前のコンビニで昼飯を仕入れてタクシーに乗る。
渡月橋から進行方向左側に朝靄をまとった愛宕山が見えている。

交互通行のトンネルを抜けると清滝バス停である。10分足らずでタクシーはここまで来る。
ここから5分ほど下ったところが愛宕山の表参道入口、登山口である。

朝靄の中、まずは登山口から右の高雄方面へ向かい、空也滝と月輪寺経由で山頂を目指す。

登山口
081202atagoyama0505s.jpg

月輪寺登り口と同じところに空也滝への入口がある。
滝からそのまま愛宕山へ直登コースもあるみたいだが一旦月輪寺登り口まで戻る。

081202atagoyama0523s.jpg

分岐から石段を10分ほど登ると空也滝である。京都では有名な滝だそうだが時刻がまだ早いせいか誰とも会わない。
滝の前には人家があるがここも人の気配はない。
なるほど、りっぱな滝である。

滝はどこでもそうなのだが暗いので三脚無しでは写真を撮るのに苦労する。ほとんどの画像が手振れであった。画像サイズを小さくしているのでなんとか誤魔化している。

081202atagoyama0548s.jpg

月輪寺登り口まではほとんど登りはなかったがここから急な登りが始まる。よく整備された登山道を頑張って登る。
なにせ今回の登山の高度差は800m以上もあるのだ。ほとんどをここの登りで稼ぐ感じ。

やっとのことで月輪寺へ到着。
お寺の入口の見事なモミジの古木である。樹齢千年以上ありそう。

081202atagoyama0580s.jpg

月輪寺は由緒あるお寺である。比叡山で修行した僧が稜線伝いに奥駆けしてきてこの寺で修行が完了するそうだ。

それとこの寺は明智光秀が本能寺へ攻めるときにおみくじを引いたことで有名である。
何回引いても凶だったそうだ。
あとでこの寺の住職の尼さんが話してくれたのだがここのおみくじは凶が多いそうである。
一緒に行った仲間が引いたら全員吉で、珍しいことだいわれた。

月輪寺(つきのわでら)
081202atagoyama0603s.jpg

稜線の首無地蔵分岐まで登り上がるとやっと急登は終わる。
愛宕山の山頂からは展望がない。この稜線上からの展望は素晴らしい。比良山系、比叡山が一望のもとだ。

右のピークが比叡山、愛宕山より少しだけ低いそうだが(その昔、愛宕山と比叡山が喧嘩して比叡山が愛宕山を叩いたときにこぶが出来た。そのこぶの分だけ愛宕山のほうが高いそうだ)見た感じ比叡山のほうがずっと高く見えた。

081202atagoyama0623s.jpg

神社のまわりを山頂へ行く道を見つけて回ったのだが見つけることが出来なかった。
アンテナがたくさん立っているところが山頂だと聞いたのだが・・・

神社の階段
081202atagoyama0651s.jpg

神社下の境内で昼食を済ませ、表参道を下る。
この山は京都では(全国的にも)有名な山で全国の愛宕神社の総本山だそうだ。
たくさんの登山者や参拝者とすれ違った。表参道を使う人がほとんどなのだろう。
しかしそれにしても勾配が急な参道である。そう簡単にはこの神社にはお参りは出来ない。

表参道
081202atagoyama0688s.jpg

参道にある大杉大神、杉の木は折れてしまっているが相当大きな杉だったのだろう。

081202atagoyama0691s.jpg

参道のモミジの落ち葉に古都の晩秋を感じる。
081202atagoyama0728s.jpg

山頂の愛宕神社から2時間あまりで出発点の登山口へ戻ってきた。

081202atagoyama0758s.jpg

この清滝川はゲンジボタルの生息地だそうで、見た感じでもまだまだ自然がたくさん残っている。

清滝川
081202atagoyama0761s.jpg

清滝川付近の紅葉も見事だ。
081202atagoyama0777s.jpg

ここまで朝は阪急嵐山駅からタクシーで来た。ずいぶんと愛想の良い運転手さんで運賃を1200円に負けてくれた。
迎えを運転手さんにお願いしたところ、今の時期は嵐山の渋滞がひどいそうで、バスで戻ったほうが良いといわれた。
なるほど平日でこの混雑である。土日はそうとうに凄いだろう。

081202atagoyama0781s.jpg

時間にも余裕があったのでバスを降りてぶらぶら歩きながら嵐山の駅へ向かう。
道路の渋滞もひどいが人も多い。
嵐山は京都を代表する観光地だ。一年で今が一番良い時期なのだろう。

壱岐っ子さんが買った嵐山名物のコロッケを一口だけ味見させてもらった。
ほくほくして美味である。

081202atagoyama0796s.jpg

かの有名な渡月橋である。朝はタクシーで渡ったが帰りは歩いて渡る。
橋の向こうに見えているこぶがある山が今日登った愛宕山だ。
こうやって見るとそんなに高くは見えないのだが924mもある。けっこうきついのだ。

まだ時刻は15時30分くらいなのだが、もう暗くなりかけている。
嵐山の紅葉がすばらしいのだが光の加減で今の時間では輝かない。

081202atagoyama0812s.jpg

渡月橋のそばの食堂で今回の登山を祝して生ビールで乾杯する。
2日とも晴天に恵まれて素晴らしい山行であった。


スライドショーへ

GPSとカシミールによる経路概念図

  1. 2008/12/03(水) 17:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

nan

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。